Disney Moments

インパ記、その他ディズニーに関することを思いついたときに書いております。



カレンダー

03 | 2017 / 04 | 05
Sun. Mon. Tue. Wed. Thu. Fri. Sat.
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


FC2カウンター


プロフィール

gacce

gacce


ブログ「Dreamagination!」のインパ記を独立させて、このサイトを立ち上げました。
インパ記だけじゃなく、Dreamagination!では扱えないようなことも載せていくつもりです(^^)

なお、現在ブログランキングに参加しています。
1日1回↓の画像をクリックしてくださいm(__)m


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSフィード


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ウォルト・ディズニー・ワールド 旅行記 5日目(2月7日) Part4
 またちょっと間があきましたが、前回の旅行記の続きです!(^^;)



 かなり待たされたレジの列を抜け出して、急いでテツ君のところに戻ろうとしました。

 が、そろそろスタート5分前ぐらいの時間で、すでにかなりの人がパレードを待っていたので、テツ君のところに戻るのも大変(・・;) "ごめんなさい、ごめんなさい。"と言いながら通りました。途中、周りにいた人になんか言われたような気がするんですが、とにかく必死だったので憶えていません(ーー;)



 やっとのことでテツ君の所に戻り、真っ先に謝りました。そしたら、テツ君、gacceが離れてからすぐに、待っている場所から立ち退かれそうになった、と言ったので、ますます申し訳なくなりました(ーー;) けれど、ホントに立ち退かれたわけではなかったので、gacceもテツ君を見つけることができたんですが。

 
  

 
待っている時に撮ったお城


 少し立つとBGMが聞こえてきたのでお城の方向にカメラを構えました。が、この時までSpectroMagicは昼のCelebrate a Dream Come True Paradeと進行ルートが逆だということを知らず、テツ君が気づいてあわてて2人して向きを変えました(・・;)

 東京のエレクトリカルパレードですら、gacceはまともに写真を撮ったことがないので、ホントにヘッポコ写真ばかりです(--;) が、その中から厳選したので、どうぞ雰囲気だけでも楽しんでください(;^_^A


  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 

 撮っている時、うちらの後ろにいたグループがギャーギャー言いながらパレードを見ていました(ーー;) 多分、うちらと年は近いかと。
 他のショーやパレードを見ている時もしゃべりながら見てる人が結構いたので、アメリカではこういうのはマナー違反にはならないのでしょうか?けれど、日本人の感覚からしたら、気持ちのいいものではないですよね(ーー;)

 一方、gacceの左側には、孫らしきちっちゃな子とおじいちゃんがいました。gacceが写真を撮っていると、"ここ来ていいぞ。"と場所を譲ってくれました。その上、その孫には"ここで写真を撮っている人もいるから、邪魔するようなことはしちゃダメだぞ。"と注意していました。
 そのおじいちゃんの優しさがうれしかったです(^-^) ただ、ちゃんとお礼を言えなかったのがちょっと心残り(--;)


 ちなみにフロートですが、東京の『ドリームライツ』より前にスタートしたパレードなので、ライトはそれほど明るくありません(^^;) テツ君も撮り終わった後、"東京のがいかに進歩しているかがわかった。"とつぶやいていました(;^_^A

 けれど、音楽が壮大だったのでgacceは一回聞いただけで好きになりました(^-^) あんな感じのBGMをぜひ東京にも取り入れてほしい、と思いました。

 機会があればもっと見たかったんですが、今回のうちらの日程上、これが最初で最後のSpectroMagicでした。


 この後、Wishesを見るため場所を移動しました。
スポンサーサイト







コメント

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。