FC2ブログ

Disney Moments

インパ記、その他ディズニーに関することを思いついたときに書いております。



カレンダー

10 | 2018 / 11 | 12
Sun. Mon. Tue. Wed. Thu. Fri. Sat.
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター


プロフィール

gacce

gacce


ブログ「Dreamagination!」のインパ記を独立させて、このサイトを立ち上げました。
インパ記だけじゃなく、Dreamagination!では扱えないようなことも載せていくつもりです(^^)

なお、現在ブログランキングに参加しています。
1日1回↓の画像をクリックしてくださいm(__)m


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSフィード


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



雨の中 Part1 ~修学旅行生~
P1000010_1.jpg


 以下の文は、5月30日に行ったTDLインパの様子です。

 17時50分、ボクは東京ディズニーランドのエントランスゲートに並んでいた。この日はあいにくの雨。ボクの他にいるゲストはみな屋根のあるゲートに並んでいた。ボクもその1人だ。そのため、キャストが屋根のないゲートへの案内をしていた。後から来たゲストはそっちの方に並んでいった。

 ボクは今回1人で来ていた。気ままな1人旅だ。年パスを持っていないので、アフター6パスポートを前もって買っておいて並んで待っていた。その間に年パス持ちのゲストか、再入園のゲストがどんどんゲートの向こうへ行くのを眺めていた。
 「年パスあればなァ…。」
とボクはため息をついた。

 しばらく待っていると、ようやく列が動いた。ゲートを通ると、キャストからニモの絵が入ったコレクタブルボタンをもらった。今回ここに来た目的の1つが、これをもらうことだった。ボクは大切にバッグの中にしまった。

 傘をさそうとしたけれど、周りを見るとさしている人はいなかった。ゲートで待っている間にやんでしまったみたいだ。まァ、元々そんなに強く降ってはなかったけど。
 ボクはウェルカムボードをくぐった。




 ワールドバザール内は思った以上に賑わっていた。さっきまで雨だったせいだろうか。ショップをちらっと見ると、買い物をしているゲストが多かった。

 パートナーズ像前に出たボクは、インフォメーションボードを見ようと、左へ曲がった。すると、『リフレッシュメントコーナー』のオープンテラスが、制服を着た団体に占領されているのが見えた。あまりにも白と紺色しか見えなくて、
「うわっ。なんだこれ?!」
と一瞬思ってしまった。この時期は、地方の中高生が東京の修学旅行で来る、ということは聞いていたけれど、まさかここまですごいとは思わなかった。見たところ、5,6校以上の学校がいるように見えた。

 インフォメーションボードのところにも多くの生徒がいた。ボクもその中に混じって見てみると、スタンバイは予想通り『スペース・マウンテン』が一番長くて60分待ちだった。その他はそれ以下の時間だった。
「どうしようかなァ。」
とボクは思った。
「スプラッシュ・マウンテンに乗りたいけど、この後の天気がわかんないから、今のうちに乗ったほうがいいよなァ。でも、スペース・マウンテンの混雑具合と天気のことを考えると、これも今のうちだよなァ。」
 悩んだ挙句、先にスプラッシュ・マウンテンに乗ることにした。そして、その前に何か飲み物を買って飲んで、『バズ・ライトイヤーのアストロブラスター』のファストパスを取ってからにしよう、と決めた。
 ボクは『プラザ・レストラン』へ向かった。

 レストラン内も大勢の修学旅行生で埋まっていた。ぱっと見、空いている席は見当たらなかった。
 注文したコーヒーを受け取ると、ボクは空いている席を探してレストラン内を歩き回った。すると、誰も使っていないテーブルはすぐに見つかり、ボクは迷わずそこに座ってコーヒーを飲んだ。天候のことを考え、急いで飲み干した。
 ゴミを片付け、すぐにレストランを出て『バズ・ライトイヤー』のファストパスを発券すると、なるべく早歩きでクリッターカントリーを目指した。

 その間にも、雲行きはあやしくなっていた。


 アトラクションのエントランスに着いた。スタンバイの時間を見てみると、インフォメーションボードで見た待ち時間よりも20分少なくなっていた。この時、25分待ちだった。
「よし、乗るなら今だ!」
とボクはすぐに並んだ。
 ボクはウサギどんの旅の一部始終を見る旅に出た。


 ウサギどんとの旅が終わった。出口に着くと、雨が音をたてて降っていた。そんなには強くはなかった。
「今乗っておいて正解だった。」
とボクは思った。時計を見てみると、19時5分前ぐらいだった。
「そういえば、さっきのホーンテッドマンションは5分待ちだったなァ。今もそうなら乗っちゃおう。」
傘をさして、ボクはファンタジーランドへ向かった。


 ホーンテッドマンションに着いた。この時の天候は、この館にぴったりに見えた。
 スタンバイの時間を見ると、さっきと変わらず5分待ちだった。
「入っちゃえ。」
 ボクは亡霊の巣くう館の中へ入っていった。


 999人もの亡霊と会い、ボクは館から無事出てきた。外は雨がザーザーと、さっきよりも強くなって降っていた。時計を見てみると、19時25分を過ぎていた。
 『エレクトリカルパレード・ドリームライツ』はキャンセルだった。ホーンテッドマンションに入る前に見えた、パレードルートに立っていたキャストの姿もなかった。
「え~、そんな…。」
 これを見ることも今回来た目的のうちの1つだった。3月にリニューアルされてからまだ一度も見たことがなかったから、見てみたかったのに。
 ボクは雨の中、トボトボとトゥモローランド方面へ歩いていった。

 (つづく…)


<注>この話は多少の脚色はありますが、ほぼノンフィクションです(^^;)
感想をコメント欄に書いていただければうれしいです。


ブログランキングに参加しています。ご協力お願いしますm(__)m
スポンサーサイト







コメント

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://disneymoments.blog107.fc2.com/tb.php/16-c4f90419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。