FC2ブログ

Disney Moments

インパ記、その他ディズニーに関することを思いついたときに書いております。



カレンダー

10 | 2018 / 11 | 12
Sun. Mon. Tue. Wed. Thu. Fri. Sat.
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター


プロフィール

gacce

gacce


ブログ「Dreamagination!」のインパ記を独立させて、このサイトを立ち上げました。
インパ記だけじゃなく、Dreamagination!では扱えないようなことも載せていくつもりです(^^)

なお、現在ブログランキングに参加しています。
1日1回↓の画像をクリックしてくださいm(__)m


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSフィード


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



雨の中 Part2 ~光~
P1000028_1.jpg


 以下の文は、5月30日に行ったTDLインパの様子です。Part1を読んでない方は、それを読んでから、この先を読んでください。

 楽しみにしていた『エレクトリカルパレード・ドリームライツ』が雨でキャンセルになってしまい、ボクはスペース・マウンテンに乗ろうと思った。
「見れなくなった分、時間はあるし。」

 ボクは水たまりをなるべく避けながら歩いた。


 スペース・マウンテンのエントランスに着いた。相変わらず修学旅行生が目立っていた。
 立ち止まって、待ち時間を見てみると、予想外にも40分待ちだった。もっと時間かかることを覚悟して来たので、少し拍子抜けした。ボクはすぐに並んだ。
 しばらく待つと、バージョンアップした宇宙旅行へ…。




 今までになくスリリングな宇宙旅行だった。面白かったけれど、同時に前のもこいしくなった。新しくなったスペース・マウンテンに慣れるには、もう少し時間が必要みたいだ。
 ボクは傘をさして、ワールドバザール方面へ向かった。『パイレーツ・アートギャラリー』へ行くために。
 雨は、さっきよりはおとなしくなっていた。

 ワールドバザール内は、座り込んでいるゲストが多かった。それも、修学旅行生よりその他のゲストの方があちこちに座っていた。レンガ色の部分の地面は、ほとんど座っているゲストで埋め尽くされていた。深緑の地面には座っているゲストはいなかったから、歩けなくなるほどではなかった。
 ボクはその間を通って、アドベンチャーランド、『パイレーツ・アートギャラリー』へ向かった。


 『パイレーツ・アートギャラリー』は面白かった。アトラクションのコンセプトスケッチや、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』のアートワークなどが展示されていて、ボクはそれらに見入ってしまった。
「もっと見てみたい!」
とも思った。


 ギャラリーから出ると、雨はさらにおとなしくなり、小降りになっていた。時計を見ると、20時20分ぐらいだった。
「この後どうしようか…。今日はまだウエスタンランドに行ってないから、行ってみようかなァ。」
 ボクは歩き始めた。その間、ボクとは反対方向へ向かうゲストと何回かすれ違ったけれど、そんなに多くはなかった。みんなワールドバザールに行ってしまったからだろうか。

 『ビッグサンダー・マウンテン』のあるエリアへと来た。ここは、ショップや『カントリーベアー・シアター』が囲いで覆われているため、いつもに比べ寂しい雰囲気だった。そのせいか、人通りもほとんどなかった。

 ふとボクは、『ビッグサンダー・マウンテン』の混雑状況が気になったので、エントランス近くに行ってみた。すると、たったの5分待ちだった。おまけに、まだファストパスの発券を続けていた。ボクはせっかくなので、発券した。

「乗ろうかなァ。」
と思ったけれど、時計を見ると、あと1,2分で『ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ』が始まる時間だった。雨は少しぱらつく程度だった。
「先に見てから乗ろう。」
 ボクは花火が見やすい場所へ移動した。少し待つと音楽が流れ始め、夜空に光が出てきた…。

 花火を堪能したあと、ボクはすぐさま『ビッグサンダー・マウンテン』の列に並んだ。5分待ちなので、あっという間に乗り場まで来れた。
 この後、夜の岩山を暴走することに…。

 『マイン・トレイン号』から降りて、外に出ると、すっかり雨はやんでいた。
「なんで、パレードの時だけあんなに降るんだよ…。」
とボクは思った。
 時計を見てみると、まだ20時40分だった。帰る予定の21時まで中途半端に時間が余った。ボクは特に行くあてもなく、ファンタジーランドに向かって歩いた。

 ぶらぶらと歩いて、シンデレラ城を通り抜けた。広場まで来た時、ふとあることを思いつき、ボクは足を止めた。
「スターケードに行って、スーベニアメダルを1枚作ろう。」
 ボクは『スターケード』へ足を向けた。周りには人通りがなかった。あの大量の修学旅行生も、さすがにほとんど帰ったようだ。

 『スターケード』に着くと、ボクは早速メダルを作った。その月限定のデザインを選んだ。作ったメダルを見てみると、スティッチのいとこがいた。

 外に出ると、『スペース・マウンテン』のライトアップが目にとまった。カラフルなライトが変化していく様子はとても幻想的だった。ボクは少しの間その様子に見とれていた。

 光のダンスを堪能した後、アトラクションの方へ行った。待ち時間を見てみると、15分待ちだった。
「最後にこれに乗ろう。」
ボクはそう思い、列に並んだ。そうなると、帰る予定の時間は過ぎてしまうけれど、それも承知の上だった。
 2度目の宇宙旅行が始まった…。


 無事地球へ帰還した。
「やっぱり何度か乗って慣れよう。」
とボクは思った。前のイメージが根強く残っててまだ違和感があった。

 ボクはカラフルに色変わりする山をあとにして、ゲートへ向かって歩いた。

 今回は雨に降られて、『エレクトリカルパレード・ドリームライツ』を見ることができなかったのが、一番悔しかった。東京ディズニーランドへアフター6で来て、未だに夜のショーを見たことがなかった。
 でも、リニューアルされたスペース・マウンテンに初めて乗れたし、パイレーツ・アートギャラリーの展示品がとても面白くて、全体的には満足だった。

 ボクは東京ディズニーランドのゲートをくぐって、退園した。

 (完)


<注>この話は多少の脚色はありますが、ほぼノンフィクションです(^^;)
感想をコメント欄に書いていただければうれしいです。


ブログランキングに参加しています。ご協力お願いしますm(__)m
スポンサーサイト







コメント

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://disneymoments.blog107.fc2.com/tb.php/17-394a0c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。