FC2ブログ

Disney Moments

インパ記、その他ディズニーに関することを思いついたときに書いております。



カレンダー

10 | 2018 / 11 | 12
Sun. Mon. Tue. Wed. Thu. Fri. Sat.
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター


プロフィール

gacce

gacce


ブログ「Dreamagination!」のインパ記を独立させて、このサイトを立ち上げました。
インパ記だけじゃなく、Dreamagination!では扱えないようなことも載せていくつもりです(^^)

なお、現在ブログランキングに参加しています。
1日1回↓の画像をクリックしてくださいm(__)m


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSフィード


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シー巡り 2次出港 Part1 ~旅立ち~
以下の文は、6月17日に行ったTDSインパの様子です。

DSC02305_1.jpg


 午前9時、ボクは舞浜駅に着いた。梅雨時の朝だというのに、まるで真夏の朝のような暑さだった。梅雨に入ったとは到底思えない。
 駅の改札にはすでにたくさんの人がいて、朝からにぎやかな雰囲気だった。ボクはその間を抜けて、ホリさんや、他の参加者たちの姿はないかと目を凝らして探した。

 この日は、ホリさんの主催するツアーの第2回目だった。ボクは運よく前回に引き続き参加できることになった。今回の参加者は、ボク以外では、REST君、k君、tomoさん、あさぎさんの4人。すでに顔合わせをした人が多かったから、今回のツアーはボクにとっては気が楽だった。

 改札の人ごみの中をキョロキョロと見渡したものの、ホリさんや他の参加者たちの姿は見えなかった。k君は後から合流することになっていたから、いないことはわかっていたけれど。
「ん?いない??まさかァ。」
とボクは思ったけれど、何度見てもそれらしき人影は見なかった。
「一応反対側の改札も見ておこうか、そっちの間違いかもしれないし。」
 ボクは反対の改札へ行った。そこはさっきの人ごみがうそのようにすっきりしていた。けれど、やっぱりホリさんたちらしき人は見えなかった。
 ボクはまたさっきの改札へ戻ってみた。すると、REST君の姿が見えた。
「ああ、やっと知っている人がいた!」
 ボクはホッと胸をなでおろした。2人でちょこっと話をしている間に、ホリさんもやってきた。




 少し経つと、見慣れない男の人がボクたちの方に近づいてきた。彼がtomoさんだった。ボクたちは、初めまして、と互いに頭を下げた。

 この時点で4人集まった。けれど、まだ全員そろってはいなかった。他の人が来るまで、ボクとtomoさんは舞浜駅近くのコンビニに行ってパスポートを買うことにした。
 ボクたちは話しながら歩いていった。

 パスポートを買って舞浜駅に戻ってみると、他の参加者はまだ来てなかった。
「あれ?もう来ていると思ったんだけどなァ。」
とボクは思った。
 すると、一人の女の人がボクたちの方に近づいてきた。彼女はあさぎさんだった。ボクたちは挨拶を交わした。

 ようやく全員そろい、ボクたちは冒険とイマジネーションの海、東京ディズニーシーへ向かった。

 相変わらず、日差しがガンガン照りつけていた。



 パーク内に入ったボクたち。エントランスでキャストからピノキオとゼペットじいさんの絵が入ったクリップをもらった。この日は父の日で、それにちなんだ柄となっていた。

 ボクたちはインフォメーションボードを見にいった。各アトラクションの待ち時間からすると、前回に比べて混んでいた。
 とりあえず、ボクたちは『タワー・オブ・テラー』のファストパスを取りに、ホテルハイタワーへ向かった。

 20世紀初頭のニューヨークの港町に着いた。『タワー・オブ・テラー』のファストパスを取ったボクたちは、ドッグサイドステージに向かった。というのも、ちょうどこの時、『ミュージック・フェスティバル・プログラム』が行われていて、ディズニーの曲が聞こえてきたからだ。今日は、吹奏楽団の演奏だった。

 途中からしか聞けなかったけれど、とてもうまかった。出ているメンバーからして、学生のころから何十年も楽器を続けてきた方々のようだった。
「いいなァ。」
とボクは思った。
 うまくて良い演奏はこれまでに何度も聴いたことはあるけれど、ボク自身はそんな演奏をしたことがなく、聞いててうらやましかった。


 演奏終了後、ボクたちはミステリアスアイランドへ向かった。『幻のツアー』と言われている『センター・オブ・ジ・アース』のQラインの案内に参加するために。


 海図には載っていない島、ミステリアスアイランドに到着した。
 『センター・オブ・ジ・アース』のエントランスに行くと、ホリさんはキャストにそのツアーについて尋ねていた。すると、まだ行われていないとの返事が来た。

 しょうがなく、ボクたちはなんかのアトラクションに乗ろう、と先に進もうとした。けれど、ここであさぎさんが抜けることになった。予想外に早かった。
 残ったボクたち4人は、パークの奥地へ進んだ。


 いつの間にか、ボクたちはアラビアンコーストにいた。アトラクション『マジックランプシアター』の待ち時間を見てみると、たったの15分待ち。確かに、並んでいる人はそんなにいるようには見えなかった。
 ボクたちは早速列に並んだ。
「前みたいに、割と少人数の前でのショーになるだろうなァ。」
とボクは思っていたけれど、待っているうちにどんどんあとから他のゲストがボクたちの後ろに並んできた。おかげで、エントランス入ってすぐの部屋は、たくさんのゲストで埋め尽くされていた。
「なんで突然こんなに集まるんだ?!」
とボクはびっくりした。
 しばらくして、シャバーンの初ワンマンショーが始まった…。

 (つづく…)


<注>この話はほぼノンフィクションですが、多少の脚色があります(^-^;)
感想をコメント欄に書いていただければありがたいです。
それから、この話に登場する方は、この話の中で何か不都合があったら遠慮なく言ってくださいm(__)m


ブログランキングに参加しています。ぜひご協力をお願いしますm(__)m
スポンサーサイト






うまい吹奏楽団の演奏を聴くと、本当に羨ましくなるよね。僕も上手い楽団にいたわけではないから、上手い演奏を求めて選抜とかに出てたな~。

でも今は、どんなに演奏が下手でも、自分が居心地良くて、楽しく演奏ができる楽団にいるのが一番良いことだと思ってるよ。

・・・でも、やっぱりうまい演奏したいっていう気持ちは捨てきれないよね(笑)

続き楽しみにしてるね!
ふっきぃ | URL | 2007/06/25 19:16 [編集]



<ふっきぃさん
選抜に出たんですか?!
すごい!!

そうですね。ヘタでも居心地のいい楽団の方がいいのかもしれませんね(^^)

「うまいところで演奏したい」などと言ってますが、ぶっちゃけgacceは全然うまくないです(^^;)
今楽器1週間以上吹いてないから、リアルに技術落ちてますし…。

頑張ってなんとか今週中には完成させたいです!でないと、また近いうちにインパしちゃうので(^-^;)
gacce | URL | 2007/06/25 23:07 [編集]




コメント

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://disneymoments.blog107.fc2.com/tb.php/20-4f4d8dc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。